会長挨拶

この度、平成30年度愛媛県PTA連合会長を務めさせていただくこととなりました行天雅史(ぎょうてん まさし)です。小規模校の多い、西宇和郡伊方町からの選出です。

「明るく・楽しいPTA」をスローガンに1年間、尽力させていただきます。会員の皆様には日頃より、様々な立場でPTA活動に関わり、子どもたちの健全育成に対して、ご協力していただいておりますこと、この場をお借りしてお礼申し上げます。

さて、今年度から大きく変わったことがあります。それは「こども総合保障制度」の申込みにあたり、保険料を現金から口座引き落としに変更したことです。以前より会員の皆様からご要望のあったこの申し込み手続きの変更は、保護者や先生方から好評を得ています。しかしながら、この口座引き落としは、加入申し込み手続きに時間がかかる上、自動更新ではありません。この件は私の宿題とさせて下さい。本年度じっくりと検討を行い、会員の皆様にとって、よりよい「こども総合保障制度」の実現に向けて努力していく所存です。

このように、常にアンテナを巡らせ、めまぐるしく変わる社会情勢に素早く対応出来る組織(集団)を目指し、更なる愛媛県PTA連合会の活性化を図りたいと考えています。

また、岩手県陸前高田市における「防災活動研修事業」も本年で最終年度(3年目)となりました。今年は、3年間の集大成として、これまで参加してきた生徒たちの防災活動に対する思いや考えを集約し、そこから次のステージに向けての提言をまとめていきます。これまでの活動を一過性にしないために、更に研修を進めてまいります。

最後に、第47回日本PTA四国ブロック研究大会愛媛大会を10月21日(日)、松山市の県武道館で開催いたします。1700名の四国の会員の皆様と学ぶ機会を与えていただき、「愛媛からのおもてなし」を合言葉に準備を進めています。現在の児童・生徒の問題はもちろんのこと、保護者の問題などについても一緒に考えていきましょう。

愛媛県PTA連合会
会長  行天 雅史

Copyright© 2011 愛媛県PTA連合会 All Rights Reserved.