会長挨拶

この度、平成29年度愛媛県PTA連合会会長を務めさせていただくこととなりました渡邊誠一です。
これまで新居浜市の単位PTAの活動から始まり、新居浜市PTA連合会の副会長・会長、そして、愛媛県PTA連合会では、理事・監事・副会長を務め、さまざまなことを学び、経験させていただきました。
まだまだ経験不足ですが、これまで歴代会長が築き上げてきた信頼を受け継ぎ、今年度、一緒に連合会を運営していただく役員、関係者の皆様とともに、自分にできることを一生懸命務めさせていただく所存です。
現在、子どもたちを取り巻く環境の変化は、我々保護者が想像するより早く進んでいます。学習指導要領の改訂、教育制度改革と大きく変化する現状、さらには有害情報やスマホ問題、いじめ問題等、表面化されにくい問題は多くあります。
「子どもたちが自分の可能性を信じ、輝く未来へ向かって羽ばたいてもらいたい。」
これは、先生方や保護者の皆様の共通の思いではないでしょうか。子どもたちがよりよい学校生活を送ることができるよう、情報交換しながらさまざまな問題を解決していける活動を展開していきたいと考えています。
また、防災活動研修事業として、8月に愛媛県内の中学生たちとともに、東北の地を訪問する予定です。
中学生たちには、被災地の現状を見聞きし、住民の方々と交流することで、生命の尊さや絆の大切さ等を感じてもらいたい。そして、そこで得た思いや考えたことを周囲に発信していくことの大切さも同時に学んでもらいたいとも考えています。我々大人は子どもたちの成長の過程において、その歩みを少しでも後押しできるような事業を実施していきたいと思います。
最後に、私は「子育ては命がけ」だと考えています。親から子へ、子から孫へ。人類は長い歴史を積み重ね、命のバトンパスをしながら、伝え育てています。その思いを胸に刻み込み、子どもたちが次世代の大海原に帆を張り、前へ進めるよう、我々は一丸となって努力して参りますので、PTA関係者の皆様方のご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

愛媛県PTA連合会
会長  渡邊 誠一

Copyright© 2011 愛媛県PTA連合会 All Rights Reserved.